株式市況

材料ないけど株価が上がる時もある

株関連の動画を出しても、以前のようには視聴回数が回らなくなりました。今年の2月頃までにはあまり見られなかった現象です。相場が冷え切ってしまうと、こういうところにも影響が出てきます。

 

今週から株の初心者向けの動画シリーズを出していますが、異様にウケが悪いです。どうしてウケていないかが分かるのかというと、「インプレッションのクリック率」という指標がやたらと低いからです。要は動画のサムネイルを見た人が実際にその動画を見にくる割合です。私のチャンネルの場合、動画を出した当初はだいたい10%前後の数字で、その後日が経つにつれて4~5%前後に落ち着いていくのですが、初心者編はいきなり最初から3%台。アベノミクスからの転換を図る岸田政権では「投資」にやたらと辛いので、自由に動かせる資金を持っている人が今はあまりいないのでしょう。

 

投資関連のコンテンツを扱う者には非常に悩ましい問題があり、今は地合が良くないと判断して「様子見」などと言っていても、誰も寄ってきません。インターネット上で株関連の情報を積極的に探している人の多くは、自分にとって好ましい情報を知りたいという人であり、自分が保有している「○○社の良さ」や「△△というセクターの将来性」といったプラスになる動画や記事なんですね。

 

私のYouTubeチャンネルでは顕著な傾向があり、個別銘柄の紹介動画はとにかくよく伸びます。私の動画で視聴回数が多い順に並べた結果がこれです。

かつてはLive放送で2600回も視聴されていた時期があったんですね。今となっては古き良き時代です。日経平均株価が3万円を超えていたあの頃に、将来のことを考えて本格的にチャンネル運営に乗り出しておくべきでした。残念ながら先を読む力が足りていませんでした。

 

昨夜は米国市場が寄り天でぱっとしない展開でしたが、朝から日本市場は買いが優勢になっています。日本株主導で株価が上がるのは珍しい展開です。朝出た機械受注の数字も目を覆うばかりで、特段なにか買い材料があるようにも思えないのですが、これが「化け線」というやつなのでしょう。下げ相場の最中、突然変異的に大陽線ができることで、翌日以降は何事もなかったかのように下げ相場が再び継続します。閑散相場には化け線があるので、売り方さんもおちおち枕を高くして寝ていられないです。

 

今日は午前中コロナのワクチン接種に行って、午後から動画編集三昧です。

 


ほくほく株ニュース (Twitter)

◆メインチャンネル 「ほくほく株ニュース

◆サブチャンネル「英語の辞書を作ってます

◆サブチャンネル「ほくほくWebマーケティング心得

◆サブチャンネル「哲学と格言で学ぶ数学

 

-株式市況

© 2022 Hoku2News Powered by AFFINGER5