株式市況 気になる銘柄

円がオワコンになってしまった&オウケイウェイヴ

円がゴミのようだとはどこかの大佐の請け売りですが、

ガチで円がオワコンになってしまいました。どこの仕手株だよっていう日足チャートになっています。

今回の円安は政治の無作為によって発生している意味合いが強いのですが、私の考えは昨日の動画の中でかなりの部分をお話ししました。このブログでは昨日の動画でお話しできなかったことを綴っていきます。

3月前半までは1ドル114円付近だったのが、わずか一ヶ月で129円まで上昇。知らないうちに円の価値が10%以上毀損されたわけです。この現実がつきつけているのは、今までと同じ生活を享受したいのなら1.5倍働けということです。あるいは外貨を稼いでこいということです。アベノミクスはメリットだけがこの10年間喧伝されてきましたが、失敗したときのリスクについてはほとんど言及されてきませんでした。その痛みを直視しようとする人が少なかったからでしょう。

制御できない円安は私が想像していたよりもずいぶん早い時期に到来しました。いや、日本経済全体としてみればこれはプラスなんだという人もいます。たしかに輸出産業、つまり外貨を稼いでこられる企業にとってはこれ以上ない恩恵でしょう。しかし、彼らもまた何かしらの原料を海外から輸入し、それを加工して海外に売ることで生計を立てているところが少なくないです。じきに輸出産業もコストを吸収しきれずに苦しくなってくるはずです。いっぽう、輸入産業は? こちらはもう完全におわりましたね。そして日本国内の消費者も今後はコストプッシュ型の狂乱物価に苛まれるようになります。重要なのは経済が好循環しているからインフレになるのではないというところです。行き着く先は何か? 50年ぶりのスタグフレーションでしょう。

私が英語のサブチャンエルを作ったのも、自分の手で外貨を稼ぐ手段が欲しかったからです(Google Adsenseの広告単価は視聴者がどこの国から見ているかによって決まる)。ありがたいことに英語のチャンネルは日本からのアクセスが12%しかありません。ただ、依然として「楽しい」ところまではいってないのが残念なところです。外国語で外国人に面白いと思わせるのは本当に難しいのですよ。今後は考えながらネタを作っていかないといけないです。

 

とりあえず日本は祝日や休日が多すぎです。とりあえず休日は年間10日程度にした方がよいのではないでしょうか。

元日:1月1日(土)

成人の日:1月10日(月)

建国記念の日:2月11(金)

天皇誕生日:2月23日(水)

春分の日:3月21日(月)

昭和の日:4月29日(金)

憲法記念日:5月3日(火)

みどりの日:5月4日(水)

こどもの日:5月5日(木)

海の日:7月18日(月)

山の日:8月11日(木)

敬老の日:9月19日(月)

秋分の日:9月23日(金)

スポーツの日:10月10日(月)

文化の日:11月3日(木)

勤労感謝の日:11月23日(水)

 

これが2022年の祝日一覧ですが、1年間に16日もあります。ぱっと見た感じ、海の日、山の日、勤労感謝の日は今の時代には不要のような気がしますね。どうしても残したいというのなら、土曜日を半ドンに戻すのもアリかもしれません。海外の株式市場と比較しても東京市場は休場が多すぎて、それだけで投資先としての魅力を失っている部分が多いです。

 

ちなみにこちらがアメリカの連邦公休日。全部で12日です。

元日:1月1日(土)

キング牧師記念日:1月17日(月)

大統領の日 :2月21日(月)

戦没者祈念日:5月30日(月)

奴隷解放記念日:6月19日(日)

独立記念日:7月4日(月)

レイバー・デー:9月5日(月)

コロンブス記念日:10月10日(月)

退役軍人の日:11月11日(金)

感謝祭:11月24日(木)

クリスマス:12月25日(日)

クリスマス振替休日:12月26日(月)

 

念のため英国も調べてみましたが、州によって若干の違いがあるものの、やはり10日程度ですね。

オウケイウェイヴ

債権の取立不能または取立遅延のおそれに関するお知らせ

なんかまたすごいIRが出てきました。会社の49億円を取引先に資金運用を任せていたら、実はその取引先が資金運用をしておらず、全額他の投資者への支払いに充てていたことが判明したとのこと。

同社の有価証券報告書によると、オウケイウェイヴは21年6月期から営業キャッシュフローが赤字に転落し、22年6月期2Qは営業CFが20億円もの赤字になっています。経営が急速に悪化していることが決算書から窺われますね。しかも気になったのが取立不能のおそれIRが出る前の投げ売り。

取引先に預けていた43億円の行方はいかに? まあ、回収は困難でしょうねえ。

 


ほくほく株ニュース (Twitter)

◆メインチャンネル 「ほくほく株ニュース

◆サブチャンネル「英語の辞書を作ってます

◆サブチャンネル「ほくほくWebマーケティング心得

◆サブチャンネル「哲学と格言で学ぶ数学

チャート表示でTradingViewを利用しています。


-株式市況, 気になる銘柄

© 2022 Hoku2News Powered by AFFINGER5